ライフスタイルに合わせて判断!分譲・賃貸はどっちがお得?

>

分譲マンションのメリット・デメリット

分譲マンションのメリット

賃貸よりもグレードが高い、または自由にカスタム出来るのでリフォームも可能な分譲マンションは、自由度という観点では賃貸よりも群を抜いています。
賃貸マンションは不動産運用を目的に建てられているのでほとんどが同じ間取りになっています。しかし分譲マンションは快適に住める様になっていたり、通常よりもお風呂などの生活設備のグレードが良かったりします。
あまり知られていませんが収入が著しく落ちてしまった場合に支払額の減額交渉が出来るのも分譲マンションの大きなメリットです。これは住宅ローンを組む際、一緒に保険に加入する必要があります。他にも資産として残せるので、万が一の場合に家族へマンションを残す事が出来るのも強みです。

分譲マンションのデメリット

双方の価格を比べた場合、劇的に差がある訳ではありませんが賃貸よりも分譲がコストアップするのがほとんどです。また手付金を含む初期費用が発生するので、ある程度資金が貯まらないと手が出せません。当然修繕費や管理費も発生するので、資産として残るのが必ずしも利益に繋がる訳ではありません。
また建物の状態や築年によって価格変動が激しく、数十年後には当時の数分の一しか価値が無い事も良くあります。
分譲マンションの場合、隣人トラブルが起きた場合に長引く可能性があります。賃貸の場合は引っ越しや管理会社をはさんで対応してもらいますが、分譲の場合はある程度自分で対処する、または自分で相談機関を探さなければならないデメリットがあります。


この記事をシェアする