ライフスタイルに合わせて判断!分譲・賃貸はどっちがお得?

>

住まいの形式はどんどん変化している

賃貸マンションのメリット

資産が残らないという点でデメリットばかりが取り上げられる賃貸マンションですが、多くのメリットもあります。
まずライフスタイルによって柔軟に対応出来る点です。単身だったが家族が増えた、または同居する人間が増えたなど生活していく中でライフステージが変わるケースも考えられます。分譲マンションの場合は、手放すか不動産運用のどちらかになり、大掛かりな手続きが必要です。
続いてのメリットは初期費用がほとんど発生しない点です。分譲の場合は手付金や登記費用が必要で、場合によっては数百万円の費用が発生するので気軽に取引が出来ないのがネックです。
他にも設備のメンテナンスは管理会社が行うのでこちらで何か手続きをする必要はありません。

賃貸マンションのデメリット

名前の通りマンションを賃貸しているので、契約している限りは何があっても家賃を支払わなければなりません。契約によって違いますが通常は1~2ヶ月滞納で警告が出され、2~6ヶ月滞納すると立ち退きとなります。収入が安定している時は良いですが大幅に減ってしまったり、定年で収入が無くなってしまったりした場合、契約の継続が出来なくなるケースもあります。
賃貸は自分の所有物では無いのでリフォームはもちろんの事、壁に穴を開けるだけでも許可が必要ですし当然資産として残りません。
資産としてお子さんやお孫さんに残してあげたいと考える方だったり、住み続けている間にリフォームやリノベーションを検討したりしている方に賃貸は不向きです。


この記事をシェアする